近年、Eプレートのような専用測定装置を必要とせず、他の生化学検査と同じ汎用測定装置で簡便かつ安価に測定できるラテックス免疫比濁(LIA)法を原理とする血清Hp抗体検出キットとして、LタイプワコーH. ピロリ抗体・J(富士フイルム和光純薬)、H. ピロリ-ラテックス「生研」(デンカ生研)、LZテスト‘栄研’H.ピロリ抗体(栄研化学)が使用できるようになった。自施設でのLタイプワコーH. ピロリ抗体・Jの試験的研究結果に基づき、高崎市では2016年度より胃がんリスク検診(ABC分類)に用いる血清Hp抗体検出キットをEプレートからLタイプワコーH. ピロリ抗体・Jに変更した。今回は、自施設での検証を踏まえ、ABC分類2016年度改訂版2)に準じた「LタイプワコーH.ピロリ抗体・Jを用いた胃がんリスク層別化検査(ABC分類)の運用法」を報告する。